リリオの日記型倉庫3

ゲームが好きな人のためのブログ

PSPの十字キーが鈍くなった話。 / PSP-3000MSの修理・掃除

f:id:ririo08:20160224204829j:plain

さすが当時の技術を詰め込んだだけはある。

はい。お久しぶりの修理日記その2です。

 

 前回の修理はこちら↓

 

今回の内容はこれ

十字キーが重い・鈍い

です。

 

 

久しぶりにPSPで遊ぼうと(太鼓の達人とか)思って起動した所、触れた瞬間に思ったのが「十字キーが重い」でした。

 

どうすれば直るんだろうと悩んでいた結果、とりあえず解体してから考えよう ということで、解体した備忘録です。ではいきましょう。

 

 

f:id:ririo08:20160224205313j:plain

 

まず、僕のPSPを紹介します。

タイトル通り、PSP-3000MSです。PSPの完成型でしたっけ。

 

 

買った当時はiPhoneと同じくらい現代のものなのか、と疑問に思うくらい未来的な端末でした。

てかPSP3000が出てからもう8年(PSP-1000が出てからなんと12年…)も経っていたなんて驚きです。マジで。

 

 

f:id:ririo08:20160224205843j:plain

それでは解体していきます。

まずは左のバッテリーカバーを開けていきましょう。

 

f:id:ririo08:20160224205926j:plain

そしたら、バッテリーを外します。

 

f:id:ririo08:20160224212223j:plain

剥がすと修理不可になるシールがありますが、修理保証なんぞとっくに切れているので剥がしてしまいましょう。

 

f:id:ririo08:20160224212450j:plain

はがすとVOIDというマークに変わります。

これが前回の記事で書いた「はがすと変わるシール」ですね。

 

f:id:ririo08:20160224212551j:plain

画像ではもうネジが取れていますが、次の計7箇所を外します。

 

f:id:ririo08:20160224212911j:plain

ここの4箇所と

 

f:id:ririo08:20160224213043j:plain

こちらの2箇所

 

f:id:ririo08:20160224213118j:plain

ここの1箇所ですね。

これらをすべて外せば、カバーが外れます。

 

f:id:ririo08:20160224213211j:plain

パカっと… きったねぇ…

 

本当は十字キーの修理がメインなのですが、これは掃除のほうがメインなんじゃないかってくらい汚いです…

 

f:id:ririo08:20160224213538j:plain

てなわけでこの汚いスライドパッド部分・他画面等掃除をしましてーの…

 

f:id:ririo08:20160224213735j:plain

めっちゃ綺麗になったぜ。

十字キーもよく見てみたのですが、特に異常はありませんでした。

 

仕方がないので装着しなおしました。

装着するとき、右側のスピーカーのゴムが圧倒的に入れづらいので気をつけて入れましょう。

 

 

結果、十字キーは何故か治りました。

噛みあわせが悪かったのかなぁ位の感じですね…

 

そして、画面に入っていたホコリ等も拭けたので解体して一石二鳥でした。

 

どうせもう保証期間なんて過ぎているので、PSPの調子が悪いなぁと思ったら是非解体して掃除してみることをオススメします。

 

ちなみに、修理後、今度は若干□ボタンが効きづらくなりました。

多分スピーカーのゴムが邪魔しているのだと思います…

太鼓でポチポチしてたら直ったので こっちも噛みあわせ なのかなぁと。

 

ちなみに今回使ったドライバーは精密なやつです。ない人は予め買っておきましょう。

f:id:ririo08:20160224214923j:plain

これすっごい古いやつなんじゃないかと思う。多分。

広告を非表示にする